データマイニングとは、収集したデータの属性からデータ間の関連性や法則を導き出し、新たな発見・知識を導き出すことをいいます。

例えば「ビールを買うお客さんは一緒に紙おむつを買うことが多い」とか、「人気上位でない菓子パンが特定の女性にリポート購入される」など、複数の項目間で相関関係を見つけて、ビジネスに貢献する分析を行うために用いられます。

「マイニング」(Mining)とは、もともと「発掘する」という意味を持ちますが、これは膨大なデータを分析し、その中から新たな関連性や法則を発見すること、鉱山で宝の山を掘り当てることに例えて、「マイニング」と呼ばれるようになったと言われています。

次の記事
データから新発見、データマイニング。
前の記事
ソーシャルリスニングとは?