基本的にホームページ制作(WEB制作)を請け負うような形ですと、ホスティングサービスやクラウドサーバなどを利用するのでネットワークに関わることは少ないですが、案件によっては先方のネットワークの制限に対応する必要があります。

よくあるケースとしては固定IPによる接続制限やVPNでの接続、レポジトリやサーバアクセスへの鍵認証などがあります。

固定IPに関しては利用しているプロバイダなどとの契約になりますが、VPNクライアントや認証鍵などは事前に準備しておくことが可能なので、対応できる体制を整っておくとスムーズに案件に入ることができます。

次の記事
ネットワークについて
前の記事
Webブランディングについて。