当然のことながらWEBサイトの中には画像や写真を用いる場面がおおいにあります。

画像や写真はによってどんな意図を伝えようとしているかは、本来人間にしか判断できない。したがって画像や写真をサイト内で用いる際は、コンテンツ制作側の情報提供が特に必要だと言えます。

文章中に画像を配置する場合、多くはテキストの代わりの視覚情報を提供する目的で用いられています。例えば文章中に三人の子供の写真が掲示されていたような場合、どのような文章の代わりにその写真が用いられているのか、適切な代替テキスト(alt属性)を用意する必要があります。

そうでなければ、その画像がただ三人の子供を表しているのか、ひとがいる様子を表しているのかを各人の推測にゆだねることになってしまうからです。なので、前後の文章と繋がるように代替テキストを用意し、画像が見られない場合も画像が見られる場合と同じような情報が得られるように、ライティングすることが必要です。

次の記事
コンテンツのアクセシビリティ対応
前の記事
jQueryの普及とサイズの肥大化