Windows10が一般的に「Modern UI」と呼ばれるフラットで新鮮な色彩のデザインをインターフェイスに採用しています。特にアイコンなどのデザイン全体は立体感を排し平坦に見えることから、フラットデザインと呼ばれています。


これに対してGoogleはマテリアルデザインというガイドラインを打ち出していて、これは現実世界の素材を暗喩することで、ユーザーに操作や画面の状況を分かりやすく伝えることを目的としています。

一見するとフラットデザインとマテリアルデザインは似ています。そうした中で、マテリアルデザインはフラットデザインをベース現実世界の物質のルールである「奥行」「影」「光」といった要素を取り入れて、ユーザーが実際に物質に触れるような「触感」をイメージさせる「物質的なデザイン」が大きな特徴と言えます。

次の記事
マテリアルデザインとフラットデザイン
前の記事
配色に役立つツール