連想作用とは、ある色を見て何かを連想することです。連想する内容は色を見る人の知識や経験、国や地域などによって異なりますが、一定の傾向はあり、基本的にはそれぞのレの色と関連のある物や事柄です。

(大まかな主観的な例ですが)例えば下記表のように「赤⇒リンゴ」や「黄⇒レモン」のように具体的なものと、「赤⇒情熱」や「黄⇒楽しい」のような抽象的なものがあります。また、同じ色相の色でも明度や彩度の違いによって、連想する内容は変わります。

    

         

具体的 抽象的
赤色 いちご、りんご、火、血、郵便ポスト、信号 興奮、活動、行動
橙色 みかん、柿、ニンジン 温かい、新鮮、団らん、喜び
黄色 バナナ、レモン、ひまわり、信号 注意、元気、楽しい、希望
緑色 葉っぱ、森林、メロン、信号 平和、安定、安らぎ、生命力、安全
青色 水、海、空、氷、制服 冷たい、慎重、安定、固い、知性、クール、冷酷
紫色 茄子、ブドウ、すみれ、ラベンダー 女性的、優雅、神秘、上品
白色 雪、雲、アイス、紙、シャツ、シーツ 神秘、神聖、清潔、新しい、清純
灰色 雲、雨、空、灰、道路、コンクリート 冷たい、寒い、不安定、老齢
黒色 髪の毛、学生服、インク、喪服 大人、厳粛、重々しい、暗さ、不気味
次の記事
色の基礎知識 – 連想作用
前の記事
色の基礎知識 – 対比現象