WEBサイト(ホームページ)はその取り扱う内容や目的によって多少の形態の違いはあるにせよ、基本的には一つ屋根の下に存在する情報やデータの集合体と考えられます。

一つのサイト内で閲覧者に対してスムーズな情報へのアクセスを提供するためには、サイト全体はもちろん、個々のページの情報をうまく構造化させる必要があります。

◆構造化が必要な理由
繰り返しになりますが、「Webサイトは、サイト内で取り扱う情報をまとめたデータの集合と考えられます。」日々多くの閲覧者がそれぞれの目的にをもって訪問し、そこに掲載された情報を取得したり、Webアプリケーションとして利用したりします。

Webサイト(ホームページ)は、HTMLのWebページ1枚で構成されるシンプルなものでもサイトの最小単位として成立します。

しかし多くの場合、提供する情報の種別によって内容は複雑に細分化されて、1つのWebサイトとして複数のページ、もしくは大規模サイトであれば大量のページを内包したサイト構造になっていきます。

取り扱う内容や提供する情報、サイトの目的によってWebサイトとしての多少の形態の違いはあるとしても、制作者の視点からだけではなく、閲覧者がサイト内におけるその目的を達成しやすいように構造化する必要があります。

とりわけナビゲーションを含むサイト全体の構造、各ページの情報構造をしっかり整理した上で、配置しなければいけません。

次の記事
情報の構造化
前の記事
新聞のレイアウトを参考にするWebレイアウト